びたびた・・・

最近、Aタイプの機種をよく打っているんですが、とあることに気付いたんです。

「ビタ押しができない」

いやまあ前から分かってはいたんですけどねw
スタドラとか打ってても自分の台から「僕には見えている!」ってセリフが出てこないんですから...。

で、最近ノーマルタイプの面白さが分かってきて、いろんな台を打ちたいなって思うようになってきたんです。
「クランキーコレクション」「B-MAX」「うみねこのなく頃に」とか。
でも、これらの台って全部ビタ押し必須なんですよね。
まあ別にビタ押しできなくても打つことはできますよ。
「打つだけ」なら。
でもやっぱりこういう技術介入要素のある台を打つからにはしっかりMAX出玉を獲得したいじゃないですか(゜ロ゜)ノ

ということでワタクシ!
これからビタ押しの練習をしていこうと思っております!ヽ(・∀・ )ノ

ちなみに現在どれくらいの目押し力なのかと言うと。
ハナハナのREG中「左リール中段白7ビタ」を1回でできないくらいです。
REG中には必ずできるんですけどねw
1回でバシッ!と決められることがあまりないんですよねー(´∀`;)

こんなワタクシでもビタ押しがしっかりできるようになるのでしょうか?
上達するスピードとかは正直全然わかりませんが、理想を言うと11月17日までにできるようになりたいんです。

え?
何故かって?

そう!
11月17日には、
「パチスロ ひぐらしのなく頃に煌」
が出るんですねーヽ(・∀・ )ノ

びたびた・・・画像1

これがめっちゃ打ちたいんですよ!

先日この「ひぐらしのなく頃に煌(きら)」の発表会に行って来ました!
まあ発表会の前におしりを叩いていたので、試打会にしか参加できなかったんですけどw

で、試打させてもらったところ、まあビタ押しができない!
前で試打されていた4号機世代っぽい方はバンバン決めていたんですけど、自分は5回に1回くらい。
それもしっかり見えていたとかではなくたまたまできたって感じ。

びたびた・・・画像2

これちょっと分かりにくいですけど、左リール上段に白7が止まればビタ成功です。
で、本機のゲーム性なんですが。
純増約2.7枚のAT機で、BIG BONUSとREG BONUSが搭載されています。
いずれもベルナビ管理型となっており、BIGで平均340枚、REGで約90枚獲得できるそうです。
BIG BONUSはBONUSゲーム30G消化かJACゲーム3回消化で終了となります。
ビタ押し(リプレイ外し)をすることでJAC INを回避し、BONUSゲームを最大まで消化することで、より多くの枚数が獲得できるということですね!

4号機を打っていた方からすると懐かしい感じがするのではないでしょうか(^ω^)

というか4号機時代ではこういう台がメインだったんですよねー。
技術介入があるのが当たり前、みたいな。
最近の台は目押しができなくても全然打てますからねー。
まあそれが5号機の良いところなのかもしれませんが(´∀`)

で、ひぐらしの話に戻りますが。

アニメ好きな自分でも打っててちょっとだけ恥ずかしかった所がありまして。
それがこちら。

びたびた・・・画像3

確定画面が何種類かあるんですが、だいたいこんな感じでしたw
ひぐらしと言えば「残虐」とか「惨劇」とかいうイメージですが今作は全然違います(´∀`)

まさに「想像の斜め上!」

あと「ひぐらしと言えば」のこれもありましたね。

びたびた・・・画像4

ひぐらしを知らない人でも「you」という曲を知っている人は多い気がします!

さて。
完全に「ひぐらしのなく頃に煌」の話になってしまいましたが、今回はワタクシがビタ押しを頑張るという話ですw

今はちょっと体調を崩してしまっていてあまりホールに行けてないんですが、まずはB-MAX、うみねこ辺りを触ってみようかなと思っております!
ビーマはREGでビタ押しできなかったら獲得枚数が半分くらいになるらしいですからねーw
根気強くやっていきたいと思います!(´∀`;)

びたびた・・・画像5

「ひぐらしのなく頃に煌」についてはまた導入が近くなったらいろいろ書きたいと思います!
導入後になるかもしれませんがw

それでは、風邪で喉がガラガラになっているバンブーでした。○ ̄|
まじで声がスリムクラブの真栄田さん、もしくは、北斗晶さんみたいになっていますw


バンブーのTwitterはコチラ!
Twitter:BambooManmai

ビタ押しのコツをご存知の方は是非教えて下さいm(_ _)m
フォローよろしくお願いします!


(C)2011竜騎士07/雛見沢御三家

新着ブログ記事

サブコンテンツ

サイト内検索

来店取材

来店取材画像

プレゼント企画

GODカレンダー2015年プレゼント画像

アクセスランキング

このページの先頭へ